統一QR「JPQR」普及事業について

統一QR「JPQR」普及事業 特設ウェブサイト

「JPQR」は、一般社団法人キャッシュレス推進協議会が策定したコード決済(バーコードやQRコードを用いた決済手法)の統一仕様の名称です。
JPQRは、利用者提示型(Consumer Presented Mode:CPM)及び店舗提示型(Merchant Presented Mode : MPM)のそれぞれの仕様を定めており、各コード決済サービス事業者において、それぞれの仕様への切り替えについて検討及び順次実施をしております。 JPQRを用いて統一化された決済用コードの普及に向け、2019年8月1日より、総務省が複数の決済事業者とともに、国内4県にて実証事業を実施中です。
当該実証事業へのご参画に関するお問い合わせについては、実証対象地域の商工団体が窓口を設けております。各地域におけるお問合せ先一覧は、以下のとおりです。

(参考)「モバイル決済モデル推進事業(統一QR「JPQR」普及事業)」に係る請負予定者等の公表に係る総務省報道資料