「キャッシュレス決済データ利活用に係るAPI ガイドライン」を改訂しました。

一般社団法人キャッシュレス推進協議会では、キャッシュレス決済データの利活用を促進するため、設立当初より「キャッシュレス決済データ利活用に係るAPIガイドライン」を策定し、毎年度見直しの検討を行っております。

今年度は、資金移動及びサーバー型電子マネーにおける参照系APIの電文仕様標準として、一般社団法人電子決済等代行事業者協会により2020 年 11 月に制定された「電子マネー分野のオープン API に係る電文仕様標準」を参照する内容の改訂を行いました。

「キャッシュレス決済データ利活用に係るAPIガイドライン」については、こちらよりご確認ください。

「電子マネー分野のオープン API に係る電文仕様標準」では、”資金決済法第 2 条に定める前払式支払手段及び資金移動業(電子マネー以外の送金サービスを行う場合を除く)”を対象としておりますが、本ガイドラインでは、電文標準の内容、方式等を鑑み、”資金移動及びサーバー型電子マネー”をその対象としております。

■一般社団法人電子決済等代行事業者協会について
一般社団法人電子決済等代行事業者協会は、金融機関の決済システムや口座情報に接続する事業者の健全な発展を目的として設立された、銀行法に基づく認定を意図する自主規制団体であり、会員である電子決済等代行事業者のセキュリティ水準向上、金融機関及び関係当局との調整、電子決済等代行業の関わるサービスの普及・啓発、等を目的として、活動しています。
名称:一般社団法人電子決済等代行事業者協会(Japan Association for Financial APIs )
代表理事:瀧俊雄
設立日:2017年11月27日
住所:〒104-0042 東京都中央区入船2-1-1 住友入船ビル4階
URL:https://www.fapi.or.jp/

  • URL Copied!
  • URL Copied!