ニュース

d払い®がJPQR(利用者提示型・バーコード)にご対応されます

背景

一般社団法人キャッシュレス推進協議会では、2019年3月29日に「コード決済に関する統一技術仕様ガイドライン」を公表致しました。また、2019年8月1日より、JPQR(利用者提示型・バーコード)仕様(以下、JPQR仕様)に準拠したコード決済サービスの提供が開始しております。

d払いについて

「d払い」は、株式会社NTTドコモが提供する、d払いアプリの画面上に表示したバーコードやQRコード®を、店舗のPOSレジや決済端末で読み取ることで、キャッシュレスでお買い物等をすることができるコード決済サービスです。

d払いでは、これまで独自仕様のバーコード/QRコードを表示したコード決済サービスを提供しておりましたが、2019年10月31日(木)午前3:00よりJPQR仕様に準拠したバーコード/QRコードに切り替わります。

JPQR(利用者提示型・バーコード)について

d払いの切り替えにより、JPQR仕様に準拠したコード決済サービスは、以下のとおりとなります。

  • au PAY
  • 銀行Pay(OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay)
  • QUOカードPay
  • d払い
  • メルペイ
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ(アプリ決済)
  • りそなウォレット

(サービス五十音順)