ニュース

【募集期間終了】「コード決済に関する統一技術仕様ガイドライン CPM(Consumer-Presented Mode)」(案)に対するご意見募集について

「コード決済に関する統一技術仕様ガイドライン CPM(Consumer-Presented Mode)」(案)について、2019年1月18日(金)から1月25日(金)までの間、広く意見を募集致します。

 

※ ご意見の募集期間は終了いたしました。積極的なご意見、誠にありがとうございました。

一般社団法人キャッシュレス推進協議会では、スマートフォンアプリ等においてバーコードやQRコードを用いた決済手法(以下、「コード決済」)について、技術的な統一仕様の確立を検討して参りました。

本ガイドラインでは、消費者がバーコードを提示し、店舗等において読み取ることで決済が完了する、CPM(バーコード)方式の統一技術的仕様に関する指針を定めております。

当協議会では、今後、CPM(QRコード)及びMPM(Merchant-Presented Mode)についても、2018年度末のガイドライン策定を目指し、検討を進めております。
CPM(バーコード)については、サービスを提供する決済事業者や実際に決済を行う店舗等の数も多く、今後も利用可能な店舗等の増加が見込まれることから、先行して本ガイドラインの検討を行っております。
意見募集対象となるのは、
です。
ご意見については、本Webサイトの「お問い合わせ」(ウェブフォーム)より投稿をお願いいたいます。