ガイドラインの概要

利用者提示型(Consumer-Presented Mode)

現在、コード決済事業者各社が独自に生成するコードの先頭に事業者識別コードを付与することで、店舗におけるコード決済サービスの識別作業が自動化できる。

店舗提示型(Merchant-Presented Mode)

現在、コード決済事業者各社で異なる店舗識別コードを統一。表示されるQRコードで、どのコード決済事業者のアプリでも決済が可能となる。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は codepymt_std_ov_cpm-1024x649.png です

グローバルスタンダードの仕様(EMVCo仕様)に準拠し、海外のコード決済事業者も採用しやすく、国内事業者の海外進出も容易になる。

コード決済における不正流出したクレジットカード番号等䛾不正利用防止対策に関するガイドライン

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は codepymt_fraudpv_04-1024x613.png です