1. HOME
  2. 取組のご紹介
  3. JPQR
  4. 【コード決済事業者向け】JPQRへの対応について

JPQR

コード決済に関する統一仕様について

JPQR

【コード決済事業者向け】JPQRへの対応について

JPQRでは、利用者提示型(CPM)と店舗提示型(MPM)の2種類について統一技術仕様を定めています。JPQR仕様によるコード決済サービスの提供をされる際には、以下のお手続きが必要です。

利用者提示型(CPM)

事業者識別コードを取得(MPMと共通して利用可能)し、CPMガイドラインに基づき、コードの内容に事業者識別コードを設定する必要があります。

事業者識別コードの取得については、こちらをご参照ください。

店舗提示型(MPM)

事業者識別コードを取得(CPMと共通して利用可能)し、当協議会が運営する、統一店舗識別コード管理システム(GUILD)及びJPQR印刷配送サービス(DOCK)をご利用頂く必要があります。

事業者識別コードの取得については、こちらをご参照ください。

GUILD及びDOCKのご利用については、こちらをご参照ください。