• ゴールの実現のための
    議論を行う。
    できない理由ではなく、
    できるための工夫を考える。

  • 消費者、加盟店、事業者の
    「三方よし」を実現する。

  • 不確実な将来に備え、
    可能な限り、
    拡張性、相互運用性を
    確保する。